www.binaryfable.pw

友達のドレスは変化してもウエディングドレスは変わりません

私が適齢期の頃は、お友達の結婚披露宴ではドレスを着てくる人が多かったです。
ドレスの中でも何人かはロングドレス。

 

新婦の友人が鮮やかな装いで参列することは礼儀とも言われていました。

 

勿論、着物の場合もあります。着物の場合は独身の女性は振袖。既婚者は訪問着
か付け下げです。小紋など普段着と言われるものを着てくることはありませんでした。

 

ところが、20年前頃からロングドレスはめっきり減って、普段着風のドレスか華やかな
色のスーツにコサージュという人が増えてきました。

 

さらに最近はスーツもワンピースドレスも紺色や黒という落ち着いた色に変化して
きています。

 

着物の内容は変わりません。自分のものかレンタルかはわかりませんが、独身の子は
振袖です。
ただし、着物で参加する子は激減しました。

 

男性は以前と同じスーツに白ネクタイ。

 

どうして女性の友人だけ変わったのでしょう。

 

でも、新婦のドレスは同じウエディングドレスです。
デザインは本当に色々ありますが、どの花嫁も皆自分に合ったものを着てきます。

 

最近は

 

 

 

おひとり様

 

 

 

のウエディングドレスでの写真を撮ることも流行っているとか。

 

女性にとってウエディングドレス、それは永遠の憧れだから変化を譲れないものなのかもしれない
ですね。
デザインでキャバクラドレスを選ぶ